無料トライアル お問い合わせ

Customer's Voice

導入事例

TSI EC ストラテジーさま

チームでの採寸が可能になり、一定のリードタイムに。ダイバーシティにも貢献!

「mysizeiz.clothes」はスマートフォンやタブレットで洋服を撮影するだけで採寸が瞬時にできるアプリです。データはクラウドに保存され、メモやシステムに入力する手間も必要もありません。スピードが求められるEC業界での「ささげ業務」の効率化に貢献しています。

国内アパレル大手、TSIホールディングスのECサイトを運営、運用する株式会社TSI ECストラテジーさまの事例をご紹介します。

安藤様・森様
使用している様子

15ブランドの約50,000点を採寸
専門ノウハウの共有が課題に

TSIホールディングスは「ナチュラルビューティーベーシック」「パーリーゲイツ」「ジルスチュアート」など人気の60ブランド、国内約1,300店を展開(2019年9月現在)。オムニチャネル化にも戦略的に取り組む中、EC事業の中核を担うのがTSI ECストラテジーさまです。グループ内17のECサイトを運用しており、年間に採寸する洋服は約50,000点、ひと月あたり4,300点にのぼります。

「新作が入荷する春秋の繁忙期においても通常通りのクオリティとリードタイムを維持するのが我々の重要なミッション」と語るのは、物流拠点を率いるブランドサポート部ロジスティクス課・課長の安藤 信悟さま。

「採寸には高い専門性が求められます。これまでは服飾系専門学校の卒業生やパタンナー経験者など一定の採用基準に基づき採用していましたが、今後は人材不足が予想されます。また当社ではダイバーシティを推進しているため、業務に携わる障がい者も多く、出産など女性のライフイベントにも臨機応変に対応しています。限られた人材に頼るのではなく、採寸の ノウハウを共有して繁忙期にも業務を効率化できる方法を探していました」。

手作業による採寸
↑従来の手作業による採寸。
測る人の技量によっては数値に誤差が出ることも多かったといいます。

トライアル版からスタート
問題点を洗い出してカスタマイズ化

そのご要望にお応えしたのが「mysizeis.clothes」です。iPad(iOS11以上)※で平置き商品を撮影するだけで採寸でき、同じ商品であれば誰がいつ測っても同じ数値です。

導入にあたっては、まずトライアル版をお試しいただきました。同じく現場を統括する同課の森 美帆さまは、当初はシステムに懐疑的だったといいます。

「ECでは商品を手にとってご覧いただくことができません。そのためお客さまはスマートフォンやパソコンで見た通りのものが届くとお考えで、現物に少しでも異なる情報が入り込むとストレスの原因になってしまいます。できるかぎりお店で接客しているようなイメージでていねいに情報をお伝えしたいんです。とくにレディースファッションはデザインが多種多様で、アシンメトリーだったりファーなどの付属物も多いですから、人の手を離れてきちんと対応できるのかな?と思っていました」。

しかし「mysizeis.clothes」は利用者のニーズをヒアリングして、すばやく機能を更新できるのが強み。何度も改良とフィードバックを重ね、ご納得いただけるクオリティへと、ともに歩みを進めていきました。

「細かいこともその都度対応していただきました。たとえばiPadを設置するとき、撮影台のどこまでを画面に入れるか迷うことが多かったんですが、適正範囲に入るとモニターの色が変わるように設定してもらえました。これならハッキリわかるなと安堵しましたね」。

シャッターはBluetoothで無線操作でき、計測した数値を2倍にして入力する作業なども自動化。サイズの問い合わせがあった際も商品の画像とデータをつきあわせて簡単に確認できるようになりました。

モニターを見ながら調整

↑撮影する商品の位置はモニターを見ながら調整できます。

初期研修はiPadの使い方から
個別の指導は空いた時間でOK

採寸業務の研修もシンプルになったと森さま。

「まずパスワードの入力などiPadの基本的な操作方法から入ります。次に同じ形のアイテムをくりかえし撮影してもらい操作に慣れていきます。段階的にサイズ違いやほかのデザイン、アイテムも試していき、多様な商品の撮影方法を習得します」。

とくに講師がいなくても、経験者がほかのスタッフに使い方を教えやすいなど、操作の簡単なiPadならではのメリットも生まれています。

「慣れないスタッフに作業してもらう場合、これまでつきっきりで指示していましたが、手が空いたときにデータをチェックすれば指示のポイントもわかります。私が不在にしていても業務が完結する安心感がありますね。おかげで以前より時間を効率よく使えます」。

現場の生産性はもちろん
モチベーションアップにも効果あり

結果として「mysizeis.clothes」はご期待にお応えしているでしょうか?

「データの手入力が不要なため入力ミスがなくなり、パソコン操作が苦手なスタッフにも採寸業務に参加してもらえます。現在は24人のうち4名が主に採寸を担当しており、そのほかのスタッフも必要に応じて対応できる体制です。繁忙期にもチームワークで立ち向かえるようになって、組織としての生産性が大いに向上したと評価しています」と安藤さま。

ルーティンワークが中心の物流現場において、障がいのあるスタッフも含め『みんなでやれる』『できることが増えた』という喜びがモチベーション向上にもつながっているとか。今後もAIの処理能力アップや個人ユーザー向けのフィッティングアプリ「mysizeis」との連動など、EC事業へのさらなる貢献に期待しているとのお言葉をいただきました。

では最後に「mysizeis.clothes」導入をご検討中の企業さま・ご担当の方へメッセージをお願いします。

「このアプリは使う人の声を吸収して改善を重ね、それぞれの現場に最適化した状態で利用できます。NTCのスタッフさんも細やかに対応してくれるため安心して使い続けられます。パートナーシップを感じられる会社と組んでよかった。利用者が増えることで『mysizeis.clothes』の可能性はまだまだ広がるのではないでしょうか」。

今回のお客さま

TSI EC STRATEGY

株式会社TSI EC ストラテジー

  • 東京都港区北青山1-2-3 青山ビル6F
  • 設立:2014年3月3日
  • 事業内容:通信販売及び電子商取引に関する業務並びに通販販売及び電子商取引に付帯するサービスの企画、立案、実施、運営